SaveDarfurWashingtonState

犬とは

犬は人間と同じく社会的な動物です。

 

ここが本来孤独なハンターである猫とは根本的に違う所です。
つまり、常にほかの仲間と一緒にいることを好むのです。

 

極論からすれば、友人のいない生活はいきていないと等しいとでもいえまいでしょうか。
生後すぐから猫と一緒にいれば、猫も仲間とみなされまし、さる、鳥もそうなるでしょう。

 

ただ縁あってあなたに引き取られた犬は保護者であり仲間でもあるあなたといつも一緒にいる事を好みます。ですから本来、犬は留守番が苦手なのです。

 

もちろん広い庭に放し飼いにされる恵まれた環境の中で雀や蛙を追ったりすることが出来れば犬にとって相当の気晴らしになり、駆らない長時間を長時間を一党でで過ごすことが出来ます。

 

ただ、都会のマンションの一室に犬を一人ぼっちで閉じ込めておくことは犬にとって非常に大きなストレスとなります。その結果家具を壊す、無駄吠えをして近所から苦情が出る、はては自分の体を舐めたり足んだりして、骨が出る程に傷つける厄介な自損症に陥ったりします。

 

残念ながら何時間まで犬は孤独に耐えうるか、と言った定説はありません。

 

この孤独ストレスに対する耐性は犬によって非常に大きな差があるからです。おそらく3時間程度は大丈夫だろう、というのが獣医師、訓練士のおおかたの見方ではないでしょうか。

 

こうなってくると、長時間仕事に出る若い共稼ぎの夫婦が二人だけで犬を安易に飼い始めるのは大きな危険があると言わざるを得ません。
家具を壊す問題はそれなりの解決方法があり得るでしょが、自損症に陥った犬は治療は極めて困難です。